So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

試さずにはいられないシリーズ:葱ティー⁈ [レアな商品]

ゴルフアイテムは誰が何て言おうが、
使ってみない事には納得しない、試してみないと認めないアイサクです。(笑)

最近は小物の探究中!その中で、おっ!これはと思ったのが、
通称 葱ティー:チャンプのFLY tee pro レギュラーです。

image-20161003113840.png

葱に見えませんか?(笑)

通常、ボールの乗せや易い頭の皿が大きなティーはインパクト時の衝撃で色々な弊害を感じていましたが、この葱ティーは、確かに噂通りインパクト時の衝撃が無く、振り抜き易く安定した方向性と飛距離に繋がっている気がします。

と言う事で、今は1番のお気に入りティーです。

しかし、中々売っていない(在庫無い)ティー^_^

慌てて確保してみました。^_^

image-20161003114707.png

これで10年は使えるかなあ(笑)


nice!(0) 

勝手にアイアン総選挙(笑) [マイクラブ]

気が付けば、今年も残り一月半、

月日の経つのは本当に早いものです。

19日はボジョレーの解禁日。
そして直ぐにクリスマスに年賀状書きとイベントが並びます。

そんな中で、久しぶりに練習場へ。

最近、ある検討課題があり、その課題整理と検証に手持ちと借り物で来年のセンター決めの
「勝手にアイアン総選挙」(笑)をしました。

image-20151118144248.png

何故、4番アイアンなのかは?内密な理由です。


エントリーはマッスル系から、

1.フォーティンのFH-1000
DG-S200仕様

2.BS J715MB
モーダス125S

キャビティ系からは、
隠れた名機と思っている…

3.ホンマ TW717V(敢えて最新ではありません。)
モーダス 120S

さて、結果は?
想定内でしたが、甲乙つけがたい結果でしたが…

《寸評》

ホンマはやはり打感最高!
ただし意外に打点位置が低く打ち込むと球が軽い!
加えてシャフトはモーダス120では軽い(^^;;

フォーティン
意外に捕まりが良く、球が強弾道!
捨てがたいマッスルアイアンです。

BS
意外に打感硬い!1番飛ばない。(^^;;
ただしモーダス125の重さは丁度良い!
また、振り感が非常に良いヘッドサイズと重心距離。

ん〜
難しい総選挙です。

来年はどれがセンターなのか?
しばらく悩みます。(^^;;

では、また。
nice!(0) 

ゴルフ業界のワクワクビジネスのあり方! [ショップ]

今日は、ゴルフ業界の片隅に身を置く者として考えさせられる笑えない笑い話があった。

とある超有名ブランドのショップへプレゼントを探しに行った。

店員さんに、このパターカバーは「ツノパターに使える?」と聞くと、

ツノ??なんですか?

オデッセイの7シリーズわかる?と聞くと。

オットセイですか?

これで、話は終わりました。(笑)
(購入せずに退店です。)

話を聞くとゴルフの経験ないそうだ。(≧∇≦)

ゴルフ業界の衰退改善に、各業種で色々と念仏は唱えられているが…

現実的にはモノ売り先行で、まだまだ具体策は無く、ゴルフ人口拡大には課題の山だろう。

その昔、ゴルフショップはゴルフを始める者にとっては強い味方だった気がする。

クラブを買わなくとも、時にはスイングやルール、クラブの話を聞き関心させられた。ある意味大人の遊び場だった。

そして次のラウンドで試してみたいとワクワクとした。

個人的には、ゴルフ関連のショップは業界の末梢神経だと思っているが、残念かな、どの運営企業もワクワク感のサービス提供まで余力も知識も無いのが現実だろう。

ゴルフ関連企業とは言え、専門家の前に安い労働力で効率を上げて利益追求をした方が良く、専門知識は現場任せが今の多くのショップの実情だろう。

とにかく今のショップは楽しく無い!
関心も感心も無い!

店に入るなりノルマー達成の売る気マンが多い割に、ゴルフは知らず突っ込むと、ごゆっくりと逃げて行く(笑)。

今の時代、楽しく無いモノには金は出さない!
(ディズニーランドが楽しくなかったら誰も行かない!)

クリエーティブとは、思い付きとは異なる。
本質的には、知識×経験値の裏付けだと!
ある有名な脳科学者から聞いた。

地味な事になるが、個人的には、
ゴルフの知識人として経験者として、

ゴルフ未経験者にゴルフのワクワク感を伝える、時には伝道師、ある時には悩み解決処の駆け込み寺でもありたい。

それがゴルフの底辺に必要な、信用信頼の基だと思う!
nice!(0) 

試さずにいられないシリーズ:ジャスティックドライバー実践導入 [マイクラブ]

こんにちは、
今日も元気にゴルフだ!のアイサクです。

なかなか更新出来ていませんが、相変わらずクラブやスイングの研究に明け暮れています。

最近はパターのレッスンとフィティングに余念が無く、体験頂いた多くの方に喜びの結果になっているようです。

パターが入るよ!90を切ったよ!など、そんな喜びのお言葉を頂くと本当に幸せです。

そんなアイサクですが、最近は地モノ熱が再燃しています。

ヘッドは勿論!シャフトなど、ナショナルブランドには無い尖った拘りのクラブ探しの旅です。

先日も飛びのシャフトの代名詞にもなっている「ワクチンコンポ(倉本プロ使用)」の関係者に直接話を伺ったり、多様化するギアの中で最適の一本を見つけるのは、プールに落としたコンタクトレンズを探すような事かも知れません。[がく~(落胆した顔)]


そして、いよいよ禁断の領域に!

ゴルフ人生初の地クラブ系ドライバーの実践導入!です。

悩みに悩んで選んだドライバーは、多くのトップアマも使用するジャスティックの「プロシード 435RIII」

2015.7.23


これからのクラブ探しは温故知新ではありませんが、先ずは原点回帰!

新しいから良いと限りません。古いから飛ばないという事もありません。

あくまでも道具である以上は、納得出来るモノである事が必須条件です。

既にアイアンはマッスルにし納得の状況です。しかし、、、、、

ドライバーには一つの疑問点がずっとあります。

それはガチャガチャ機構の弊害です。

細かな事を書き出すとキリが無いので控えますが、今後の各社発表する新モデルにはガチャガチャ機構無しのトレンド復活すると推察しています。

現に松山君や多くのトッププロはガチャガチャ無しドライバーで成績を残し始めています。

個人的には、遼くんもヨネックス時代のガチャガチャ無しドライバーにすれば復活すると思います。
(キャロウェイは作ってくれないのかなぁ)

それだけガチャガチャ機構の利点と弊害があると思っています。

やや話は大袈裟になりましたが、

ドライバーの原点回帰は、やはりガチャガチャ無しで小顔(440CC以下)が条件です。

既に旧モデルになってしまいましたが、取り敢えず美顏で美品の中古モデルで実使用しながら検証です。

この週末にぶっつけ検証ラウンド(^^;;してきます。

良ければ最新モデルを検討したいと思います。

さて、結果は如何に![わーい(嬉しい顔)]
nice!(0) 

試さずいられないシリーズ:JOPグリップ(パター) [クラブ]

パターグリップの検証に余念の無いアイサクです。

パターのフィティングには、パターのストロークスタイルとパターの固有重心が合っている合っていないか?が大きなポイントです。

パターには大きく分けて4つの重心に分けられます。
細かな事はここでは控えますが、その重心ポジション別にグリップ形状で分けられた新モデルが話題になっています。

先週の優勝(吉田弓子プロ)で一気に巷の話題になった「JOPグリップ」です。

2015.5.27


先週のテレビを見ながら気になった方は多いと思います。

このグリップは、元々はギターのピックメーカーの様で異色な生い立ちです。
パターに迷走する(宮里)藍ちゃんが取り入れた事(兄の聖プロが紹介したらしい)で一躍注目を浴びていました。

商品的には、重心別に3モデルあり、それに太さの違いが三種類あるようです。

以前から気なっていたグリップだったのでこれを機会に入手し挿してみました。[わーい(嬉しい顔)]

実はピンタイプ用の予定が、商品を間違えてL字用を発注してしましました。[がく~(落胆した顔)]

2015.5.27b
になりました。

大きな特徴は、グリップの角度がフェースの中心を指している点です。

2015.5.27a


非常に重量級なグリップですが、実際付けて構えてみると違和感が無いところか、軽いはずのヘッドバランスも気になることは無く、逆に非常に安定したストロークを導いてくれる感触です。

実際に試打(転がしてみた)したインブレッションは。。。。

6球連続で転がしてみましたが、ミラクルが!起きました![手(チョキ)]

2015.5.27c


こんな感じで転がりが良く全てカップイン!更に距離感も良くボールの山が出来ました。

数人で試打をしましたが、思いのほか好感触!

一番のポイントはヘッドの「ブレ感が無い!」事で、非常に直進性が高く落ち着いた転がりになりました。

これは使えるグリップ!という印象です。

ということで、アイサクはピン型のストロークタイプなので、近い内にピンタイプの用もグリップも試してみます。o(^▽^)

nice!(0) 

真似したい一流マインド! [クライアント]

アイサクは元気にゴルフクラブの研究やインストラクター活動を頑張っています。


今日は余りに感激した事があり、しばらくぶりにアップします。


不屈の精神!一流経営者のポジティブマインドとは、こういう事だと!
直接的に触れ痛感させられた1日でした。(^O^)

ある業界で名を馳せているSさん60歳代の方。

縁あって私のクライアントさんの1人ですが、偉ぶる事も無い非常にナチュラル方で、素性を知ったアイサクは驚いて恐縮してしまうほどです。

Sさん、昨年は身内にご不幸があった上に、先月には15年ぶりに再開したゴルフプレイの矢先に心臓を患い生死を危ぶまれる手術経験をしました。

更に先週は、アイサクレッスン後のお仲間とのラウンド中に左手小指の腱を断裂し、折角再開したゴルフを断念せざるを得無い診断を受けたそうです。

しかしです。一流は違いました。(≧∇≦)

折角、再燃したゴルフだ! これで諦めては意味が無い!

右打ちがダメならば、左打ちに変更して生まれ変われば良い!

2日間悩んだ末の結論だったそうです。

そして、左打ちのクラブを探して欲しい!
更に練習方法を教えて欲しいと連絡がありました。

アイサクは、一瞬耳を疑うその内容に熱いモノを感じてしまいました。


一般的には60歳を越えれば、「今更」という言葉が出るでしょ?

アイサクならば、不運を嘆きゴルフは止めるでしょう!そして屈折して毎日を過ごしたかも知れません。

ご本人(Sさん)曰く、人間万事塞翁が馬!
何が起きるかわから無い!

どんな災難も受け入れて一歩踏み出す不屈の精神!に、直接的に触れられた自分は幸運だったかもしれません。

なかなか真似は出来る事ではありませんが、爪の先でも良い!生き方を真似て生きたい!

と、何か心に熱いモノを感じたアイサクでした。(≧∇≦)


nice!(0) 

マイケルのパターレッスン [クラブ]

約半年ぶりにマイケルのパターレッスン[わーい(嬉しい顔)]

一時期は調子良くパター数30前後だったそうですが、最近はタッチが狂い出し距離感や方向性に悩む毎日だったどうです。

久々に、マイケルのパターストロークを見ると大きく三つの課題(狂い)が出てました。
その為にテークバックのラインが悪くもなっていました。[ふらふら]

1。スタンスがクローズになっていた。
2。重心が後方過ぎる(腰痛で修正した時の形が過剰になっていた)
3。振り子運動の支点が手首になっていた。(首筋に無いために手打ちになっていた)

2014.4.19

(修正前:スタンスは修正していますが重心位置が狂っている。)


先ずはアライメントの修正。。

2014.4.19a

身体の前後中心に軸を作り、肩甲骨でストローク出来る形にしました。
ただ、腰痛の持病があるために腰に負担が出ないポジションにカスタマイズしています。


そのアドレスの後方写真を修正前後で並べるとこんな感じ。

2014.4.19c


右の方が綺麗な振り子運動が出来る重心になっています。

加えて、右手で打ちにいく癖が出ていたポイントは右足重心になっていた事が原因の一つです。
暫くは左軸に強制する体制を作り、左の壁を意識したストロークで練習です。

特にストローク中に下半身が動き腹筋を使えていないために、腰を後ろから押さえるトーナメントプロが良くやるドリル運動で感覚を作りました。

更に松山プロがルーティンに取り入れている右肘のポイントをしっかりと身体にコンタクトさせる意識を取り入れました。(上の後方写真を見ると右肘が身体から外れているのが判ります。)[目]

2014.4.19d


すると、フォローでボールを押せる綺麗なストロークが出来るようになってきました。

2014.4.19b

パターはボールをパッチーン!と打ってはいけません。コンーンと押す感覚が必要です。

今日は、その他ににもパターの感性を高める秘密のドリルを行いましたが、あまりの寒さと強風にやや消化不良になってしまいましたが、それでもタッチと転がりはかなり良くなってきました。[手(チョキ)]

<今後の課題>
まだ右手の力感でパチーン強く打ちにいく癖が時々残っているので、左右の力感を揃えたリズムとテンポで振り子運動が出来るようになれば、更に転がりの良いパターになり、またパター数が30前後=70台は確実にキープ出来て、これからシーズンインするクラブ競技では上位進出することだと応援しています。[決定]

nice!(0) 

コースでの危険:カラスには気をつけて! [ゴルフプレー]

最近のカラスは経験値が高い。

コンビニのビニール袋=食事があり。
と、グリーンでパターをしている間に、コンビニ袋をを喰わえて飛んでいく。

その際に注意する事があり。

オニギリやパンなどは諦めるにしても、時に携帯などを入れているとそのまま持っていかれる。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイサク的、自分に合うパター形状の簡単な選び方。 [クラブ]

自分のスイングにクラブを合わせるか?クラブにスイングを合わせるか?

今の情報過多の時代。。読み手に取っては奇想天外です。

その一方で、パターもカウンターバランス(手元の方が重い)の方が良いとか?

クラブにも十人十色の商売が存在しています。
それぞれの価値観にあったモノを選択する知識や経験値が必要ですが、初心者にとっては難解な事象だと思います。

そこで、今日は簡単に自分に合うパターを選ぶ、一つのコツ!を紹介したいと思います。

店に行くとパターほど、形や長さ、デザインやバランスなど、多種多様なクラブは無いと思いませんか?

各社、色々な形状のパターモデルが出させていますが、実は。。大きく分類すると。

形状としては、ブレードタイプ(ピンタイプ)、マレットタイプ、L字タイプの3つ。
それぞれに、シャフトの長さと重量の違いに分類出来ます。

後はヘッドの素材違いによるフーリングやカラーリングによる視覚的効果の違いです。

皆さんなパターを選ぶ時に、好きなプロが使っているとか。または流行などで選ばれる場合も多いと思いますが、

ここで大切なのは、パターはなぜ3つの形状を各社デザインともにモデル化しているか?です。

実は、パターは個々人のフィーリング(感性)が重んじられる部分があります。
簡単に云えば、重心距離の違いです。
つまり、自分のフィーリングとしてフェースを真っすぐに平行にストローク出来る形状を選ぶ事が最も大事です。

頑張って練習をしてストロークを磨くとい手もありますが、自分の癖や感覚というものは突発的に出てきます。例えば1mのショートパットを外す事は、そんな感覚の部分が多いと思います。

新しいパターは必ず実際に手にとって打ってみる事をお勧めします。フィーリングは打ってみないとわかりません。
特に打音は大切です。
高い音はショート、鈍い音はオーバーになる傾向があります。自分にとって心地良い音のパターを選びのコツです。


では、3つの形状から自分にあるタイプは見つける簡単な方法です。

ボールを2個用意します。
距離は3mほど

2つのボールが
が自分にあう形状という見方が出来ます。

その形状をベースに好きなブランドなりデザインを購入すれば、
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。