So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

終身名誉クラブ!エポンゼロ改が手元に! [マイクラブ]

ついに!禁断の再挑戦(^ー^)ノ

これまで手にしてもなかなか当たり(満足感)が少なかった地クラブですが、
やはり自分の理想系顔を追求すると地モノクラブが気になります。(≧∇≦)

また、高齢者の自分には超ハードスペックなドライバーと判っていても…譲れないものがありあす。

飛距離よりも、クラブは顔と座りが命!です。

そして、ずっと気になっていたドライバーがこれ!
iphone/image-20160719203532.png


やばい!この洋梨顔だけは正に理想系の1本! アイサクの中ではTHEの称号ドライバーです。

鳥肌モノのドライバーを手に入れた(;^_^A
iphone/image-20160719203525.png


エポンゼロ改 限定モデルです。
体積435CCとやや小型のヘッドですが、このディープ感のバランスはヨダレ物です。
iphone/image-20160719203545.png


更にシャフトは勿論!ワクチンコンボ GR77DRs

この拘りは、燃費がいくら良くても軽には乗れないスポーツカータイプ好きと同じです。

雑誌でいくら簡単と言われても、自分にとって簡単とは限らないのがクラブの奥深さです。

あ〜早く打ってみたい!200ヤードも飛ばないかもしれない。しかしこのじゃじゃ馬を使いこなした日を夢みると今日は眠れないなぁ〜(^^;;
nice!(0) 

マイお洒落れアイテム!? [マイクラブ]

最近、セルフラウンドが増え、またコース内の茶店が減少(自動販売機)し、自前でコースに持ち込む荷物が増えてきました。

ドリンク、水筒、ボール、手袋、ナビ、携帯や予備バッテリーなどなど

これまでは、ちょっと大きめのコンビニ袋で持ち歩いていましたが、見た目に美しくないし
コンビニ袋目当てのカラスにも遭遇する事があります。

そんな中で、ショップでもカートバックを見る事が多くなってきました。
たまたまコースで利用している方から話を伺い、そのカートバックの便利さを知ってしまいポチッと!してしまいました(笑)(;^_^A

2016.6.28






これで少しはお洒落⁈にコース内を持ち歩けそうです。!(^o^)

これでコンビニ袋からお別れしてカラス対策にもなるかなぁ(;^_^A
nice!(0) 

アイサク的に意識しているスイングはこれ! [レッスン]

久々のアップです。

いや〜
月日が経つのは早いですね〜、気がついたら4ヶ月ほどアップしてませんでした。
ガチンコさんからもご心配のご連絡を頂きました。(笑)

アイサクは元気に日々クラブの探求も、スイングの研究も精力的に続けています。

お陰様でレッスンの依頼も増えて益々本格的に再現性の高いスイングとは何か?
開眼しては閉眼を繰り返していますが、一歩づつ見えてきているものがあります。

その内容は、なかなか文面にすることでも無いですし出来る事でもありませんが、
最近、よく聞かれる”なぜ韓国選手は強い”のか?について、表面的な部分だけですがアイサクなりのコメントをしたいと思います。

まず、韓国選手のスイングですが。
これまで欧米式スイングが日本に持ち込まれ、それをトレースする事が一つの上達メッソドでした。
しかし、一方で骨格も筋力も違うアジア圏の人間には無理があるのではという意見もありました。

それをアジア人向きにアレンジしたのが韓国メソッドとも言われています。

その特徴は、まずは静かなスイング!です。大きな体重移動はしない。
その昔は、日本のレッスンで当たり前だった”ベタ足”スイングが基本です。インパクトまでは右足(踵)を上げ無い!動きです。

ただ、昔とは違うのは腕の使い方です。
クラブの変化(特にサイズの拡大化)で、スイング中にヘッドは開き易い傾向があるためにリリースが速くなり捕まえる動きになっています。つまり腕はしっかりと振る!という事ですが、最近の流行りで例えると、ツイスト打法(武市プロ)の動きという方が解りやすいかもしれません。

だた、注意して欲しいのは”何とかスイング、何とか理論スイング”でも、必ずグリップから始まる前提条件があり、スイング全体の連動性と筋反射の結果があるので見た目だけの真似は怪我の元なので注意して下さい。

とは言え、真似は出来き無いにしても意識したい事があります。これはアイサクレッスンではよく使う絵です。

やはり、今はこの両選手を外せません!

イボミプロと言えばショット精度の高い選手の一人ですが、松山プロとの共通点が多い部分があります。

2016.6.16


松山プロも飛距離とショット精度アップに1ミリ単位で練習しているのが顔のポジション、特にインパクト時のアゴの向きだそうです。

その形を見るとイボミと松山くんは擬似していますよね!?

皆さんにも見えていると思いますが、右足カカトの上がり方です。
腕の振りに合わせて右足がクラブに引っ張られるように上がっているように見えます。

この形だけを無理に真似すると怪我しますが、この形になるようにスイング軸や重心バランス、更には腕の振り方を意識して練習してみて下さい。

ベタ足による効率の良いスイングをベースにアイサク的な考察で注目している若手プロ(日本人)は?
男子では片岡大育プロ、女子では松森彩夏プロです。

さて、どうなりますか?皆さんも彼らの活躍を見守って下さい。

では、また。
nice!(0) 

ゴルフは難しく複雑だからこそ! [スイング]

今日、クラブの購入相談に来たお客さんが素朴な問い掛けをしてきました。

ね〜…1つ聞くけど、

雑誌メディアで、多くのプロらしい方々が、猿でも解る的な(笑)?これが正しい!と何が本当か分からなくなるくらい多くのスイング論を発信し逆に複雑化しているが、それを裏返せば、それだけゴルフは難しく複雑って事だよね〜⁇

その理解はまったく正しいかも知れない。

って事で、

ゴルフは難しく!複雑!だからこそ、
「基本を正しく、シンプル(簡素化して)に覚えて、反復練習を続ける」

iphone/image-20160205230053.png

ですよね⁈(笑)

昔、某超有名プロに教わりました。ゴルフを続ける限り基本を大切に反復練習する事と!

アイサクも最近やっと整理がついてきた事があります。つまり覚えるべき基本は3つ!

グリップアドレス(姿勢とボールの位置)、そして、リズムとテンポ。

先ず一番に大事に覚えて欲しいのはこの3つ!です。(≧∇≦)

やってはダメな事は、レッスンの良いところ取りです。笑

アドレスはタイガーで、テークバックは松山プロ、ダウンは石川プロみたいな、アンバランスはスイングは作ってはいけません!スイングは一連の動きで成り立っています。

よく自分で判断するからと、独自判断でスイング出来ているつもりでも、実際は大きな勘違いをしているだけで結局は迷路に迷走する事は実に多いものです。

感覚的な違いではあれ、タイガーを真似たいならテンポもリズムもトップの位置も真似てこそスイングが連携します。

自分の基本をしっかり身につけてから応用を覚えましょう!



nice!(0) 

2016初ラウンドリポート M1 [クラブ]

2016年 今年はやや遅めの初打ちラウンド!してきました。

iphone/image-20160125110800.png

幸い予報に反して極寒では無く楽しいラウンドでした。(^_^)

今日のマイイベントは?
巷ではM2モデルの噂も広がる飛距離系ドライバーとして人気沸騰中のテーラーメイドのM1-460と、昨年人気が再燃したホンマの717-430のラウンド試打です。

iphone/image-20160124181306.png
早速のインプレッションとしては。

M1は初速が速く力強さは魅力!打感は柔らか目!
球は意外に上がる!(シャフトとの関係か?)
アゲンストに強く、距離は伸びてる感じ!は確かにある。

また、賛否別れる音も個人的には違和感は無い。
球離れが速いのでスイートスポットが意外に広く感じる。どこに当たっても飛んでいる気がしますが、裏返すと、どこに飛んだか感覚的には分かり辛い!

ただ、個人的にはサイズ460はデカイ!430が良いかな〜(^_^)

本間の717-430は安定度バツグン!ただM1に比べると10ヤード落ちるが感触は捨てがたい!

総括すると、コントロールの本間、飛距離はM1という感じでしょうか⁈
1回のラウンドでは不確定要素もありますが。(^^;;

そして、いよいよタコティーの季節!

iphone/image-20160124181419.png

刺さなくて良いのでリズム感も良くなり、またティーの抵抗がないのでヘッドの動きを邪魔せず、ヘッドスピードも阻害しません!やはりいいですね〜(^_^)

では、風邪とインフルエンザが流行っています。皆さんもご自愛下さい。

nice!(0) 

スイングはリズムとテンポを覚える! [レッスン]

2016年は遅目ですが、自主練習開始!です。

ラッキーナンバーの打席が取れて運気アップ(笑)

iphone/image-20160109151653.png


さて、今年初めてのアイサク的レッスンを発信します。[わーい(嬉しい顔)]

昨年は巷に溢れるメカニカルなスイングを色々な場面で検証しながら、自分にとっても、また筋力や柔軟性が衰えた一般シニアや女性に楽しくゴルフが出来る簡単に理解出来るスイングを探す1年でした。

メカニカルなスイングは筋力や柔軟性がある程度ある事を前提にしてために若いインストラクターは簡単に行い、出来なければ練習やトレーニングが必要になる傾向があります。。。

が、ゴルフは楽しむモノ、もう少し容易に出来ないものか?!

前提条件の多いアスリート系(競技志向)では無く、とは云えちょっとは上手くなりたいプチアスリート(かっこいいワイワイ系)で、楽しいゴルフや接待で恥を掻かないレベルのレッスンでも使えるスイングを作りたいと思っています。

そのテーマは、
「普遍のリズムとテンポ!で、あれ⁈打てた!」です。
(爆笑(≧∇≦))

市場に溢れるレッスン書を読んでも(本が変わっても)、表現は変わっただけで同じ事を言っていて、よく理解出来ないという方が多いと思います。

そこで、レッスン業界では禁断の上達法を発信していきます。

練習場で、変則的なスイングなのに鋭い球筋を打っている方をよく見ます。
また逆に、素振りは教科書のような綺麗なスイングをしているのに、ボールを打つと球筋が安定していない方も見ます。

その差は何か?何が違うのか?

それは、リズム感とテンポが一定しているか?いないか?の差だと思っています。

つまり一見して変則的なスイングでもリズム感とテンポが安定している方がゴルフスイングレベルは高いと言えると思います。

ツアープロでも優勝する時のスイングには力みがなくリズム感とテンポが良いと思います。


さて、リズムと言ってもアイサクの検証では、

2拍子と3拍子がある2パターンに分かれます。このリズム感でもシャフトの相性も別れてくると思います。

テンポはスピード感です。

ご自身に合うリズムの簡易的な探し方は、練習時に口に出しながら2拍子と3拍子のどちらが打ち易いか?!試してみてください。

テンポは歩くスピードが目安ですが、スイング中は一定にする事が大切です。
テークバックはゆっくりでも、一気に打ちに行く事はダメです。

ちなみに、最良のゴルフライフをお手伝いする(株)グッドゴルフさんのガチンコさんとレインくんのスイングもたまに見させて頂いていますが、

ガチンコさんは3拍子、レインくんは2拍子です。
テンポが良い時にはスコアーも良い傾向があります。[わーい(嬉しい顔)]

さて、リズムの詳細とスイング作りは、また別の機会にご紹介したいと思います。
では、お楽しみに![るんるん]

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年新年のご挨拶 [雑感]

明けましておめでとうございます。
ちょっと遅めのご挨拶になりましたが、本年もどうぞよろしくお願いします。

個人的には正月三が日は仕事で、4、5、6日のタイミングで正月休みでした。
今年は、暖冬というよりも小春日和を感じながらの初詣でに。

iphone/image-20160107094559.png

4日ともなれば人出は少ないと期待するも、世間では仕事始めで企業の参拝者が多かったようで約2時間近くの待ちでした。[ふらふら]

さて、いよいよ2016年がスタートしました。
オリンピックイヤーの始まりです。

今年はゴルフ界にとっても大きな分岐点と期待が複合する年になると思います。

加速するゴルフ人口の減少を業界一体となって底上げに動きます。
なかなか新しい打開策は見えない部分はありますが、短中長期視点も施策が展開されると思います。

男子ツアーでは選手会長が池田勇太から宮里優作に変わり、女子ツアーでは韓国勢の活躍があったとは云え、日本文化を尊重するイボミなどの人気で試合数も賞金総額も増加し、ツアーには明るい情報が多くなっています。

そこでアイサク的な意見です。
なぜゴルフツアー(特に男子ツアー)の来場数が減っているのか?
今の男子ツアーをビジネス視点で考えたいと思います。

■ツアープロとは何か?どんなビジネスマンなのか?

結論から言うと、ツアープロはパフォーマーであれです。

パフォーマーというと大道芸人や音楽界ではEXILEなどをイメージしますが、アマチュアとは一線を画す技や妙技を見えせて報酬を得るプロ集団ですが、その技や妙技に魅了されて集客力を高めています。

しかし、昨今のゴルフ業界はアマチュアのプロ化とツアープロのアマチュア化が加速している気がしています。
つまりゴルフレベルのボーダーが曖昧になりゴルフレベルは下がっている気がしています。
簡単なクラブギアしかり、個性の無いスイングしかり、本通りのコース戦略しかりです。見ていて、凄さも楽しさも期待も憧れも薄れています。

昨年末に遼くん(石川プロ)もコメントしていましたが、日本ツアーは魅せるゴルフレベルが下がっている。

そんな遼くんもアメリカツアーで苦悩している時に、バッバワトソンから言われた事があるそうです。

「Mr,ISHIKAWA は、何しにアメリカツアーに参戦したのか? 綺麗なスイングを作りたいのか?
このツアーではファンやギャラリーはプロが放つ想像もつかなりショットに魅了したいからお金を出して試合を見に来ている。パフォーマンスを高めろ!無理と思えるショットを放つのがツアープロだ!」

ツアープロは、魅せるパフォーマーであれ!を期待し今年も応援していきたいと思います。

そして、今年のアイサクは。
昨年、述べ約500人の方のスイング相談を受ける中で、一つの疑問と課題整理が出来ました。

それは、(おきまりの)[わーい(嬉しい顔)]

次回から発表していきます。というと激怒されそうなので書いておきます。

と言っても、一言で済んでしまう業界禁断の内容です。

上手くなりたいなら!
自分の「リズムとタイミング」を身につけろ!です。

細かな事は次回より発信していきます。

もし興味があれば覗いてみてください。
今年も宜くお付き合いほどお願いいたします。[るんるん]

nice!(0) 

年に一度のグリップ交換でショットは変わる! [クラブ]

今日から師走。早いですね〜(^^;;

と言う事で、今年も働いてくれた
マイクラブのグリップ交換*\(^o^)です。

最近のお気に入り
エリートグリップのY360s M58 Bあり

image-20151202002609.png


まずはアイアン分の交換完了!
来年も頑張ってもらいます。(o^^o)

さて、今年だけでも5000本以上のグリップ交換をしましたが、グリップの挿し方だけでもショットは変わります。

多くの方に喜んで頂きました。(o^^o)

そんなグリップですが、
たかがグリップ、されどグリップです。

グリップの硬度、サイズなどは一般的な基準ですが、握った時にスクエアーなラインが出ていないとショットが不安定になる要因になります。

グリップラインの出し方は人それぞれでは無く、クラブの座りに正対させる事が大切です。

距離を出したい!
曲がりを抑えたい!

実はグリップの挿し方で出来る事はあります。

企業秘密をちょっとだけ明かすと、

グリップの太さが合っていないと、手首の故障に繋がる事は少なくありません。

例えば、手が大きくても指が短めでフィンガーで握る方は太くしない方が自然なリストワークに繋がり易くなります。

そんな難しい話の前に、ツルツルのグリップを使い続けている方は、無駄なリストワークになります。

年に一度はグリップ交換をオススメします。
*\(^o^)/



nice!(0) 

勝手にアイアン総選挙(笑) [マイクラブ]

気が付けば、今年も残り一月半、

月日の経つのは本当に早いものです。

19日はボジョレーの解禁日。
そして直ぐにクリスマス年賀状書きとイベントが並びます。

そんな中で、久しぶりに練習場へ。

最近、ある検討課題があり、その課題整理と検証に手持ちと借り物で来年のセンター決めの
「勝手にアイアン総選挙」(笑)をしました。

image-20151118144248.png

何故、4番アイアンなのかは?内密な理由です。


エントリーはマッスル系から、

1.フォーティンのFH-1000
DG-S200仕様

2.BS J715MB
モーダス125S

キャビティ系からは、
隠れた名機と思っている…

3.ホンマ TW717V(敢えて最新ではありません。)
モーダス 120S

さて、結果は?
想定内でしたが、甲乙つけがたい結果でしたが…

《寸評》

ホンマはやはり打感最高!
ただし意外に打点位置が低く打ち込むと球が軽い!
加えてシャフトはモーダス120では軽い(^^;;

フォーティン
意外に捕まりが良く、球が強弾道!
捨てがたいマッスルアイアンです。

BS
意外に打感硬い!1番飛ばない。(^^;;
ただしモーダス125の重さは丁度良い!
また、振り感が非常に良いヘッドサイズと重心距離。

ん〜
難しい総選挙です。

来年はどれがセンターなのか?
しばらく悩みます。(^^;;

では、また。
nice!(0) 

いい部屋ネットレディースの下見?@鳴沢ゴルフ倶楽部 [ゴルフプレー]

今年から新設された LPGAツアー大東建託いい部屋ネットレディース 会場は一度は回ってみたいランキング5本の指に入る「鳴沢ゴルフ倶楽部」(山梨)

既に先月の話になってしまいましたが、試合開催の2週間前にラウンドしてきました。

実は2回目!のラウンド。
前回は豪雨強風の中で、罰ゲームのようなラウンドになり鳴沢ゴルフ倶楽部の美しさを満喫出来ない1日でしたが、今回は快晴!微風!最高のコンディション!

iphone/image-20150806105426.png


富士山にも癒される1日でした。

当日は大東建託所属の渡邊、江澤両プロもスポンサー関係者?とラウンドを見かけました。
他にも多くの女子プロが練習ラウンドをしていました。

試合では通常営業ではイン10番が1番になる(9番と18番は通常のまま)と言うので、インからのスタートです。

スタートはショートホールになります。

当日は大渋滞にはまりギリギリのスタート!練習は素振りだけ。。。
しかし、無事にパースタート。

この日はアイアンショットの調子が良く、、通常営業では16番のショート(174ヤード)では、、

ピンの根元は見え無いやや打ち上げのホール!
5番アイアンで打ったショットはイメージ通りピンの左からわずかなフェードでピン筋に!

そして、ガシャ! 一瞬、全員が無音に シーーーーーン!

キャディーさんがポツリと、「今、旗に当たった音がしましたよね?」

全員が!ん! 
えっつ? まさか、、、ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と期待半分にグリーンに上がると、、、、

残念!わずか1センチ! ピンに当たって跳ねた感じでした。[ふらふら]

そして、コースは試合の前とあってラフもこんな感じ!のコンディション!

iphone/image-20150806105509.png

ラフに入れば手に負えない!

そして、鳴沢ゴルフ倶楽部といえば通常営業ではアウトの8番(試合では17番)ショートホール!が代表的なホール景観です。

iphone/image-20150806105838.png


この美景は何とも言えません!うっとり!しますが。。。。

このホールのグリーンは難度は高い!

右のバンカーに入れたら難度マックスです。
二段グリーンでピンの位置によっては池に転がり落ちることも覚悟です。

鳴沢ゴルフ倶楽部の標高は高く、ややボールも飛んでくれる気がします。

iphone/image-20150806105447.png


鳴沢ゴルフ倶楽部はその景観の美しさに癒されながらプレーが出来る部分もありますが、個人的には気を抜け無い戦略性の高いコースレイアウトにラウンド後は疲労困憊!

本来ならスグにでも再ラウンドしたいと思うほど素晴らしいコースですが、戦略性の高さにちょっとお腹一杯!と言いたいくらいになってしまいました。(また来年!には回りたいですが)


しかし関心したのはツアープロのレベル!
いい部屋ネットの初日のスコアーを見て(トップは−5)、やはりツアープロは凄い!な〜と関心してしまいました。(当たり前でしょうが)

当日は70台(+7)では回れましたが、試合初日のスコアーに当て嵌めると96位タイ!

改めて女子と言えどもツアープロの技術力の高さに脱帽です。

そんな鳴沢ゴルフ倶楽部のもう一つのオススメは、「生ワイン」です。

iphone/image-20150806105847.png

防腐剤や加熱処理をしてない、正にワインには旅をさせるな!と言われるくらい「地」が一番美味しいと痛感するワインです。

ただこのワインが常時販売されていないそうです。
地元のワイナリーさんが出来高次第という事でお目にかかれた事はラッキーだったようです。

一本(白)を購入し、自宅で鳴沢ゴルフと富士山に感謝して頂きました。[わーい(嬉しい顔)]

nice!(0) 
前の10件 | -